Movable Type 3.0 の更新方法

ブラウザひとつでカンタン更新!

ブラウザひとつでカンタン更新!Movable Type 3.x を使ったエントリー投稿方法をご紹介いたします。

これまで、業者に任せていた更新もブログなら簡単更新でOKです。更新費用も更新時間も全てカットで、あなたのサイトにいつでも最新の情報を掲載することができます。

ブログの投稿方法

01ログインして投稿するブログを選びましょう

Movable Typeの更新方法01

Movable Typeで新しい記事を投稿するためには「新規エントリー」をクリックして行います。

まずはブログにログインするために「http://ドメイン名/Movable Typeをインストールしたディレクトリ/mt.cgi」にアクセスし、あなたの「ユーザー名」、「パスワード」を入力してログインすると「ウェブログの管理」画面が表示します。ここでは登録されているブログの一覧が表示されています。

ブログ一覧から記事を投稿したいブログの「タイトルリンク」をクリックして編集画面に入ってください。

02編集メニューから「新規エントリー」を選びましょう

Movable Typeの更新方法02

ブログの編集画面が表示されたら、左側の編集メニュー内の一番上にある「新規エントリー」をクリックして、エントリー記述画面に移動します。

03エントリーを書きましょう

Movable Typeの更新方法03

エントリー記述画面が表示されたら早速エントリーを書きましょう。「タイトル」部分にエントリー記事のタイトルを、「公開の状態」でエントリー記事の状態をどうするか、「エントリー内容(body)」にエントリー記事本文を書きましょう。

Movable Typeの更新方法04

しかしMovable Typeではもっとたくさんの機能を使うことが出来ます。さらに高度なエントリー記事を書きたい方は画面左下にある「画面の表示設定を変更」をクリックしましょう。

エントリーの設定が新しいウインドウが立ち上がりますのでエディターフィールドを「すべて」にして保存しましょう。エントリー投稿画面は変化したでしょうか?

Movable Typeの更新方法05

新しく追加されたエントリー項目を使って、「追記」部分に記述した内容は個別エントリーアーカイブのみで表示される記事部分となり、「概要」部分にはエントリーの概要を入力しコンテンツの要約を記述することができます。キーワードではサイト内検索時に使用できるキーワードやタグが設定可能です。

03エントリーを保存しましょう

Movable Typeの更新方法06
  • 投稿の状態
    ■「下書き」..公開されません
    ■「公開」.....ブログ上に公開されます
    ■「指定日」..指定した時間に記事を表示させます
  • エントリーの投稿日時
    記事の作成日時です(変更可)
  • テキストフォーマット
    自動改行変換を行うか、行わないか設定します。
    (エントリー部でソースを記述される場合には「なし」を選んでください)
  • コメントを受信
    記事に対してコメントを受け付けるようにするか設定します
  • トラックバックを受信
    記事に対してトラックバックを受け付けるようにするか設定します
  • トラックバック送信先のURL
    作成する記事を他ブログのエントリーとトラックバックを結ぶ場合にURLを入力します

以上の設定を行ってから「保存」ボタンをクリックします。

04サイトを確認しましょう

保存ボタンをクリックすると自動的に再構築されます。「保存しました」というメッセージを確認して、「サイトの確認」ボタンをクリックして実際のホームページで見てみましょう。

以上で更新作業は完了です。難しい専門知識や、高価なアプリケーションは必要ありません。ブラウザソフトひとつあればどこでも、簡単に更新が行えます。


Page Top